相続放棄と自動車に関するQ&A

文責:弁護士 上田佳孝

最終更新日:2020年07月28日

相続放棄と自動車に関するQ&A

Q相続放棄をした場合,遺産の自動車に乗ることはできますか?

A

 相続放棄は,文字通り遺産を一切放棄することです。

 そのため,相続放棄をした場合,「所有者でないとできないようなこと」をすると,遺産を相続したとみなされ,相続放棄が無効になる可能性があります。

 亡くなった方の自動車を引き続き使用するという行為は,その自動車を相続した所有者だからこそできる行為であるため,相続放棄をした場合,自動車を利用することは避けるべきです。

Q相続放棄をした場合,ローンが残っている自動車はどうなりますか?

A

 ローンを組んで,自動車を購入している場合,通常ローン会社が所有権を持っていることが多いです。

 つまり,亡くなった方は,元々自動車の所有者ではないため,自動車は遺産ではありません。

そのため,自動車はローン会社に返還しなければなりません。

 ローンが残っている自動車がある場合は,ローン会社に相続放棄をする旨を伝え,自動車を引き揚げてもらうとよいでしょう。

Q相続放棄をした場合,遺産の自動車を保管しないといけませんか?

A

1 遺産の管理義務

 相続放棄をした場合,遺産の管理義務が残る可能性があります。

 もし,相続人全員が相続放棄をした場合,遺産を受け継ぐ人がいなくなるため,遺産は国の所有物になります。

2 裁判所での手続きが必要

 しかし,遺産は自動的に国の所有物になるわけではなく,裁判所で一定の手続きを行う必要があります。

 この手続きをしない間は,相続放棄をした相続人が,遺産の管理をする義務があります。

 そのため,仮に遺産の自動車の管理が不適切だったため,事故などが起きてしまった場合は,損害賠償請求をされてしまう可能性があります。

Q自動車の管理責任を免れる方法はありますか?

A

 遺産の中に自動車があり,相続放棄をした場合,その自動車の管理をする義務が残る可能性があります。

 そういう場合に,管理義務を免れるためには,相続財産管理人という人に,自動車の管理を任せる制度があります。

 ただ,この制度は,多額の費用がかかるため,慎重な判断が求められます。

相続財産管理人については,弁護士にご相談ください。

所在地

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区
名古屋市中村区椿町18-22
ロータスビル4F
(愛知県弁護士会所属)

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop