相続放棄の落とし穴

相続放棄は1回勝負

 相続放棄は1回限りの手続なので,やり直しができません。

 そのため,何らかのミスで相続放棄が認められなかった場合,そのまま亡くなった方の借金を背負うことになります。

 ミスをすることなく,確実に,相続放棄手続きを行うためには,膨大な法律や判例の知識が必要なため,相続放棄を多く取り扱っている弁護士に依頼すると安心です。

相続放棄は時間との闘い

 相続放棄ができる期間が3か月以内ということは,多くの方がご存知のため,期限ぎりぎりになってから相続放棄を行おうとする方がいらっしゃいます。

 しかし,相続放棄をするためには,全国の役所から必要な資料を集めなければならず,その作業に2か月程度の準備期間が必要な場合もあります。

 期限の直前に動き始めるのでは間に合わなくなってしまうおそれもあるため,可能な限りお早めに,スピーディーに対応できる弁護士に依頼することが重要です。

相続放棄は無効だという裁判を起こされるリスク

 相続放棄が裁判所で受理されても,相続放棄の効果が確定するわけではなく,後で債権者から「相続放棄が無効だ」という裁判を起こされる可能性があります。

 そのため,相続放棄を行う場合は,裁判を起こされるリスクも想定し必要に応じて証拠等を集めておくことも重要です

 相続放棄に詳しい弁護士であれば,この点についての対応も可能です。

    所在地

    〒453-0015
    愛知県名古屋市中村区
    名古屋市中村区椿町18-22
    ロータスビル4F
    (愛知県弁護士会所属)

    0120-41-2403

    お問合せ・アクセス・地図

    お役立ちリンク

    PageTop