受付時間 平日9時~21時 土日祝9時~18時

 夜間土日祝のご相談にも対応(要予約)

タップで通話!  0120-41-2403

相続放棄の落とし穴

弁護士法人心が選ばれる理由

相続放棄でお悩みの方へ

1 相続放棄で気を付けるべきこと

 相続放棄を検討している時には,大事なことがあります。
 それは,相続財産に手を付けてはいけないということです。
 例えば
 ・預貯金や現金を使ってしまう
 ・遺産の形見分けをおこなってしまう
 ・故人が借りていた家を解約する
 ・返還金や還付金を受け取る などです。
 これらには,もちろん,例外もあります。

 価値のないものを捨てることや遺産の一部を葬式費用の支払に充てるのも問題ない場合もあります。
 しかし,その見極めが難しいこともあるため,相続放棄を検討されている方は,専門家にご相談ください。

 

2 弁護士へのご相談 

 当法人は,次のようなお悩みを抱える方から,多くのご相談をいただいております。
 「亡くなった親の借金を背負いたくない」
 「相続放棄の期限から3か月が経過しており,知り合いの専門家に聞いたら相続放棄が不可能と言われた」
 「過去にいざこざがあり,今までほとんど関わり合いのなかった家族の借金について,急に通知が来た」
 こういった悩みを抱えている方をひとりでも多くサポートし,安心して相続放棄が無事成功できるようお手伝いできたらと考え,弁護士法人心では相続放棄専門サイトを運営しています。
 弁護士が無料でご相談を承っておりますので,ぜひお気軽にお問い合わせください。

相続放棄が認められた事例紹介

 当法人は相続放棄を多く扱ってきており,これまで蓄積された技術とノウハウ,またそれに裏付けられた実績を有しています。
 そこでほんの一例ですが,相続放棄が認められた例を紹介します。


1 相談内容

⑴ 相続人関係
 依頼者の親族関係は,ご両親とその子供であるお兄様と依頼者という4人家族でした。
 そして,依頼者のお母様やお兄様はすでに他界しており,今回,お父様が亡くなったため,相続人は妹である依頼者のみでした。
⑵ 依頼者の当時の認識
 依頼者は,当初,お父様にはこれといった資産も借金もないと思っていました。
 そのため,依頼者は,遺産から費用を出して葬式をすませました。
⑶ 裁判所からの突然の通知
 お父様が亡くなった後,数日して,裁判所から強制執行の通知が依頼者の元へ届きました。
 内容としては,お父様の借金を支払えというものでした。
 依頼者が言うには,お父様が過去に,銀行から事業用の建物についてローンの借入れをしていたようで,お父様が支払わないため,その債権を債権回収業者が譲りうけ,お父様に請求してきたということでした。
 そして,ローンの残債はおよそ3000万円でした。
⑷ 止まらない借金の通知
 さらに,お父様の借金はこれだけにとどまらず,後日次から次へと固定資産税や信販会社等からの内容証明郵便が依頼者のもとへ届きました。
 最終的に発覚した負債の合計は約6000万円となりました。
 依頼者は,「父も借金などの債務は,恥ずかしくて家族に打ち明けられなかったのだと思う。しかし,このままでは私が自己破産をするしかなくなり,人生が台無しになるのではないかと不安です」と泣きながら語っていました。 


2 問題点

 ①強制執行の通知が届いたがこれをどう対処すればよいか。
 ②仮に相続放棄が認められたとしても,後日,債権者から相続放棄が無効だとして訴訟を提起されるのではないか。


3 提案及び実行

⑴ ①強制執行の対応
ア 提案 
 すでに強制執行の通知が届いているため,債権者に対してできるだけ早く対応する必要がありました。
そのため,すぐに債権者に対して通知する必要があることを伝えました。
イ 実行
 依頼の翌日,弁護士から債権者に対し相続放棄をする旨の通知をしました。
債権者に対し,今後は弁護士に連絡をするように伝え,これ以上依頼者に連絡が来ないようにしました。
 その結果,債権者から直接依頼者に対して連絡してくることはありませんでした。
⑵ ②相続放棄が認められた後の対応
ア 提案
 今回はお父様の借金の額が高く,相続放棄が裁判所で認められた後も,債権者から裁判を起こされる可能性が高い事案でした。
 そのため,後々,裁判を起こされる可能性を見越して,今から必要な資料,情報の収集をしていくことを提案しました。
イ 実行
 今回,葬儀費用を遺産から支払ったことなどを理由として,相続放棄が無効となる可能性がありました。
 これに対応するために,当法人にこれまで蓄積されてきた知識やノウハウを活かし,本件で必要となる証拠や情報の収集を行いました。
 具体的には,預金の履歴だけでなく,葬儀費用の領収書や明細書,葬儀費用の相場に関する情報等を取得しました。


4 結果

 期限内に相続放棄の申立を行い,裁判所から照会書(質問書)が来ましたが,依頼者に書き方などをアドバイスした結果,無事に相続放棄が受理されました。
 そして,裁判所から相続放棄が完了したことを示す,相続放棄申述受理通知書が送られてきたため,債権者に対し相続放棄が完了したことの通知を送りました。
 その後,特に債権者から裁判の連絡もなく,依頼者は,「平穏な日々が続いています。」とおっしゃっていました。

失敗しない専門家の選び方

1 相続放棄以外の対応も行っているか

 相続放棄は,必要書類の取り寄せ,家庭裁判所への相続放棄の申述書の作成・提出だけがすべてではありません。

 たとえば,次のような対応が必要になります。

・相続放棄申述前の債権者への対応

・裁判所からの質問である「照会書」への対応

・相続放棄が完了した後に,新たに相続人となる親族への対応

・相続放棄完了後の債権者への対応など

 そのため,相続放棄を相談するときは,こういった幅広いサポートを提供しているかも確認しておく必要があります。

 

2 裁判も対応可能か

 相続放棄が裁判所に認められた後に,債権者から相続放棄は無効だとして裁判を起こされる場合があります。

 そのため,裁判が起こされた時に対応してもらえるかも確認しておく必要があります。

 裁判となった場合,基本的に弁護士しか対応できないため,相談するところに弁護士が在籍しているかも確認したほうが良いでしょう。

 

3 夜間相談や電話相談を実施しているか

 相続放棄は3か月の期限があります。

 事務所に行って相談となると,日程を調整して,実際に来所して相談するまでに時間がかかり,相続放棄の期限に間に合わなくなる可能性があります。

 他方,夜間であっても対応可能であったり,電話のみで相談できたりする事務所は,期限ぎりぎりの案件であっても対応してくれる可能性が高いです。

 そのため,相談するところが,夜間相談や電話相談を受け付けてもらえるのかも確認してみるのもいいでしょう。

所在地

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区
名古屋市中村区椿町18-22
ロータスビル4F
(愛知県弁護士会所属)

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

相続放棄をお考えの方へ

亡くなられたご親族が,預金や土地のようなプラスの財産だけでなく,借金などのマイナスの財産も抱えていらっしゃった場合,相続人はプラスの財産だけを相続するということが基本的にできません。
預金や土地などを相続するのであれば,借金なども相続しなければならないのです。
こうなると,「マイナスの財産の方が多いのであれば相続したくない」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
そのような場合は「相続放棄」の手続きをすることで,財産を一切受け継がないものとすることができます。
しかし,相続放棄をするためには,原則として,ご親族が亡くなったことを知ったときから3か月以内に,家庭裁判所での手続きを行う必要がありますので,できるだけお早めに相続放棄に詳しい弁護士へご相談ください。
また,相続放棄が可能な期間内にご意向が固まらない場合は,裁判所に検討期間の延長を申し出ることができます。
弁護士にご依頼いただければ,期間延長の手続きをさせていただくことができますので,まずはお気軽に当法人までご相談ください。

お役立ちリンク

PageTop